お知らせ

コロナウィルス対策のお問い合わせについて

今般の新型コロナウイルスに関連しお亡くなりになった方の御冥福を心よりお祈り申し上げます。

 

現在、壱岐オリーブ園には「オリーブリーフパウダー」というオリーブの葉100%を用いた製品を販売しております。

全国の医療関係者さまがオリーブの葉やエキス、プロポリスや漢方薬によって「新型コロナウィルスの高い予防効果が期待できる」という見解を発信されており、私たち壱岐オリーブ園にもお問い合わせが少なくありません。残念ながら現在(3月8日)のところ100%完治できる薬などは無いようで、また、新型コロナウィルスにおけるオリーブ葉の科学的な根拠はございません。

私たちオリーブ園が変わらず出来ることとして、普段からの健康維持の大切さや、「予防・免疫力・健康」という観点から少しでも有益な情報をお届けすることで皆様のお役に立てればと願います。

 

昨年末ごろから新型コロナウィルスによって人々の生活に大きく影響を及ぼしています。毎日のニュースでは新型コロナウイルスの感染状況を知らせる報道が行われ、マスクはなかなか入手できない状況になっています。ところが専門家いわく感染者がマスクをする効果は飛沫量を少なくする意味では良いのですが、ウイルスの大きさからしてマスクでの予防が十分ではないといわれています。

私たちの暮らしの中で他人と絶縁しながら生活していくことは困難です。いくら人混みを避けても症状の見られない方から伝染する可能性が高いことを考えると、「普段の生活から如何に自身や大切な方の健康免疫を高めることが重要であるか」と私たちは考えます。

現代医学はウイルスに感染したときの改善方法は抗ウイルス効果が期待される薬やタミフルの内服だけといわれます。ただしこれらの内服薬が新型コロナウイルスには効果がないとされ、現代医学が免疫を高めるための予防治療に力を入れてこなかったことも反省すべき事案です。それゆえに自分の身を守るためには正しい知識と行動が必要です。

世界中の研究者・医療関係者いわく、一般的に免疫力アップの効果が期待されるといわれているものの一つがオリーブ葉です。

オリーブの葉には強力な抗菌作用もあり体の免疫機能をあげ、病原菌から体を守る働きがあることから、天然の抗生物質とも呼ばれています。オリーブの葉の良い点は、抗生物質とは違い耐性菌を作ることがなく、また人間の細胞を傷つけない=副作用の心配の無いことです。口から摂取し眠くなることもなく、小さなお子様や高齢者、妊婦・授乳中の方まで安心して使えるのが特徴です。しかもオリーブの葉は多くの病原菌に対して効果があります。インフルエンザや、胃腸炎を起こすロタウイルスやノロウイルス、カンジダやクラミジアにも効果があるそうです。

海外では病院の処方箋で患者様に渡され、アメリカでは国家資格の必要なホリスティック医学:安全で効果の高い自然治療として、またインフルエンザの予防の処方としても有名です。古くから抗マラリア・抗ウイルス・抗細菌効果が高いため、海外にはオリーブ葉の成分:ポリフェノールの一種であるオレウロペインに関する論文はたくさんありますが、オリーブ製品・オリーブ葉・オリーブ葉エキス製品によって、感染予防・健康免疫アップだけでなく体そのものの健康習慣を補うのがオリーブ葉の有能な性能といえます。

普段の適度な運動・食生活・健康管理はもちろんのこと、薬ではなく自然由来の製品を上手に生活に取り込みながら免疫力を向上させ、病気をしない習慣作りをおすすめします。

 

以下お問い合わせの多いオリーブ葉=オリーブリーフパウダーのご紹介をいたします。

オリーブリーフパウダーの製造について、壱岐オリーブ園の最大のこだわりは徹底した製造方法です。

わたしたちはオリーブの葉を一枚一枚手摘みし、良質なものだけを選別・洗浄しています。オリーブの葉も果実と同様に酸化しやすいので新鮮なうちに作業を終えるスピードが求められますので人手と手間を多くかけています。

写真 2020-02-25 13 09 09.jpg

写真 2020-03-05 13 29 33.jpg

一般的に葉物・オリーブの葉を粉末化すると粉は全体の5%~15%ほどしか残りませんが、壱岐島のオリーブ葉は25%~30%採取できます。理由は地中海と同じような緯度で温暖な気候であることと、島ならではの海に囲まれた風土であることがあげられます。海からは潮風によって適度なストレスとミネラルを、特産品の多い壱岐島の土壌のおかげで太く強い葉に育つことが特徴です。

IMG_4895.jpg

 

オリーブの葉は単に粉砕・粉末化してしまうと粉末時の熱で有効成分が壊れ、色味・味・香りも落ちてしまいます。私たちは長年研究し特殊な製法によって有効成分を壊さないまま殺菌・粉末化し、水などに溶かし飲みやすく料理などにも加工しやすい粉末状たどり着きました。この工程を施すことでオリーブ葉本来の香りが保たれ苦みがほどよく緩和されます。

5fd9be2d755aea42f2a921a93abb6e5e (1).jpg

ポリフェノールと聞くと赤ワインや近年ではブルーベリーが有名ですが、100g中、赤ワインはポリフェノールが200mg、ブルーベリーは300mg、壱岐島産のオリーブリーフパウダーにはポリフェノールが8,000mg以上含まれています。(このオリーブ葉のポリフェノール量は最低値です。体内にて吸収されるポリフェノール量は数値以上の量といわれます)

少量で十分な性能があるため、昨今の青汁のようにたくさんの量を飲む必要がありませんので(上記写真の分量はイメージです)、毎日の摂取が楽に感じることとおもいます。飲み方は、小さな湯のみ程度のコップに小豆ほどの粉末を入れ水や白湯に溶かしてお飲みください。ポリフェノールは人体で生成されない成分ですので、体内に長くとどめるためにも一日のうちに二回程度に分けて飲むことをおすすめいたします。また他にもオリーブリーフパウダーを使用した商品をご提案しておりますので興味のある方は一度お試しくださいませ。

 

オリーブリーフパウダーを生活の中に取り入れていただき、ウィルスからの免疫力アップと健康維持・改善習慣をオススメいたします。

私たちは健康が人を一番豊かにし、健康は毎日の生活から生まれるものと考えます。私たちは皆様の生活の助けとなることができたら幸いでございます。

 

健康管理の詳細として日本動脈硬化学会名誉会員 渡辺照男さまのPDF資料を添付いたしますので気になる方はご一読ください。

https://ikiolive.jp/files/uploads/202001metabo.pdf